真夏に咲く白い花は

8月に入り一段と夏らしい気候になりましたが、鬱蒼とした木々の間から白い花が見事に咲きました。この花は小低木で、アジサイに似た「ノリウツギ」です。漢字で書くと「糊空木」、樹皮や根には多量の粘液が含まれ、古くから和紙を漉く時の糊(のり)として使われたことから、この名前が付いたそうです。ペンション周りにはこぼれ種であちこちに咲いています。今年は長雨の影響か、見事にたくさんの花をつけています。

花の少ない8月に咲くのでうれしいですね。

房の中央に集まった細かいのが本当の花で、周りの大きい花は、おしべやめしべのない装飾花で虫たちを呼び寄せる為といわれています。


円錐形に伸びた花はドライフラワーにしてもきれいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA