丸沼の風物詩?

ペンション村を散歩していると、このように木から樹液を採取しているのが所々で見られます。 春が訪れる3月から4月にかけて、日中の気温が上昇し、一気に大地の栄養を吸い上げるこの数週間にだけ見られる光景です。木の種類はダケカンバといって、樹液には保湿成分があるので、丸沼高原スキー場が販売しているダケカンバ石鹸の原料になります。木に1cm位の穴を開けてホースで採取しますが、穴は1~2年で塞がりますからご安心を。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA