春の訪れ

我が家の庭も雪が消えて、いろいろな花が咲き出しました。看板前を彩る「プリムラ・ポリアンサ」は、ペンションオープン当初から咲いているもので、株分けでどんどん増えています。赤、青、黄色と色鮮やかで、長い期間咲いて楽しませてくれます。

最近植えた「ユーフォルビア フェンズルビー 」は、黄色い花と赤紫の葉のコントラストがきれいです。この赤紫の葉は芽吹きの頃だけで、このあと美しい緑色に変わっていきます。丸沼の気候があっているのか瞬く間に増えて、「プリムラ・ポリアンサ」を脅かす存在になってきました。

春の花と言えばこれ「カタクリ」でしょう。昔、一輪だけ植えたものがやっとこれだけに増えました。早春にひっそりと咲いて、花期が短いのが残念ですね。「カタクリ」が終わると次は私の番だと、たけのこのような芽を出している「すずらん」ですが、わかりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA