春の主役交代

我が家の春の花が徐々に変化しています。以前は「プリムラ・ポリアンサ」(桜草の仲間)が、雪が消えると一斉に咲き始め、庭を彩ってくれましたが、最近は「ユーフォルビア・キパリッシアス」和名(松葉灯台)が勢力を徐々に拡大しています。数年前に繊細な葉と萌黄色の花を気に入って一株植えたものが、こんなに増えてしまいました。これはこれできれいなのですが、以前の華やかさも懐かしいこの頃です。

「ユーフォルビア・キパリッシアス」和名(マツバトウダイ)の勢いがすごいです。


地下茎でどんどん勢力を伸ばしています。

ちなみにこちらは2010年当時の花の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA