屋根の雪が落ちません

2月になり暖かい日も増えてきて、先日の雨でだいぶ雪が消えました。雪国での一番の仕事は除雪作業ですが、我が家の屋根は自然に雪が落ちるような設計になっているので降雪後2~3日で落ちてしまいます。それを除雪機で飛ばす作業なので意外と楽なのですが、隣にある木工室の屋根はどういうわけか落ちずらく、今シーズンはまだ一度も落ちていません、以前、まとまって落ちた雪で隣の薪小屋のドアを壊してしまったことがあるので様子を見ながら、安全に片付けようと思います。

ペンションの屋根はご覧のようにきれいに落ちています。通路は除雪しますが、手前の雪は支障がないのでそのままです。そろそろ屋根に届きそう。


今シーズン一度も落ちていない木工室の雪です。建物には支障がないのですが、一度に落雪すると勢い余って隣の薪小屋が心配です。

上から見るとこんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA