夏のキノコ

丸沼はすっかり秋らしくなり、楽しみなキノコの季節がやってきます。今回はそれに先立ち珍しいキノコの紹介です。このキノコ、こちらでは「アカタケ」と呼ばれていますが、正確には身の色が魚のマスに似ているので「マスタケ」(サルノコシカケ科)です。本来は夏のキノコで、針葉樹の森の中に6月から8月に見られます。出始めの柔らかいものを食用としていますが、古くなると堅くて美味しくありません。調理方法は油と相性が良いので、我が家ではナスと油炒めなどにしていただきます。

今回は少し遅かったので、堅くなってきていました。根元の堅い部分は捨てて柔らかい部分のみをいただきます。


スライスしたキノコと、なす、ピーマンで油いためにします。


甘味噌で味付けしてご飯のお供です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA