キノコの季節になりました

10月に入って気温も低くなってやっといろいろなキノコが出てきました。今日は5種類のキノコが採れました。ただキノコは紛らわしいのもあるので、はっきりと食用と判るものしか採りません。
「ツエタケ」最近まで食用と知りませんでしたが、細くて繊細な感じは一度覚えれば分かり易いキノコです。


枯れた倒木の下にびっしりと生えていた「ムキタケ」。「山のフカヒレ」と呼ばれつるっとした食感がフカヒレに似ています。


その他にヌメリスギタケモドキ、ナラタケモドキなど5種類の収穫でした。

“キノコの季節になりました” への2件の返信

  1. きのこを判別できるアプリがあるといいですね
    今日、大月の高川山に登ってきました。残念ながら、富士山は
    雲の中でしたが、気持ちよく歩きました。
    途中、いろいろなきのこを、みつけましたが
    判別不能で、見てるだけでした。
    見た目は、美味しそうでしたが、難しいものですね!

    • そうですね。私も写真に撮って検索しましたが「キノコ」と出ておしまいです。(笑) キノコは場所や時期によっていろいろと変化しますので、微妙な判断は難しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA