登山

スキー・スノーボード スノーシュー 登山 ラフティング

フィッシュイング カヌー パラグライダー ハイキング

日光白根山は草津白根山に比べて、その存在を余り知られていませんが 関東以北では最高峰の標高2578mある日本百名山の一つです。
従来は菅沼登山口からの登山が主流でしたが、数年前に丸沼高原スキー場が 2000m付近までロープウェイを敷設し、それに合わせ登山道の整備 が行われ ました。 その甲斐有りまして、夏場のロープウェイ利用者や白根登山客は中高年の方々を中心に大幅に増加しています。
とにかく菅沼コースと比較して山頂までの道のりが良く整備されている事と、 誘導板が適当な箇所に設置されており、殆ど道に迷うことなく目的地に行けます。ロープウェイの山頂駅から日光白根山山頂まで約2時間半程。 途中、結構きつい行程も有りますが初心者やご年輩の方でも充分登頂できる山です。 そして、何よりも増して途中の苦しさが、その足で山頂に立った時、感動と充実感 に変わる瞬間を是非、皆様も体験してください。他にも男体山、武尊山、至仏山等 日本百名山の山々が連ねています。
森の風をベースに登れる日本百名山です。コースについてのお問い合わせはお気軽にどうぞ

  日光白根山 2,578m
日光白根山
片品村の北東部、群馬県と栃木県の県境にあって日光火山群の主峰であり活火山です。標高2578m、関東以北では最も高く、周辺に座禅山、前白根山、白根隠山の外輪山を従え、その内側に弥陀ヶ池、五色沼の湖沼や大凹地があります。菅沼、丸沼、大尻沼はこの山の噴火によるせき止め湖です。景観にすぐれ、高山植物も豊富なことから、昭和32年に日光国立公園の特別保護地区に指定されました。
  燧ヶ岳 2,356m
352ae94f
尾瀬を代表する山で東北最高峰。
尾瀬の展望台と呼ばれる燧ケ岳の頂上は円錐形で、三角点のある俎嵓をはじめ、旧噴火口のある御池岳、ミノブチ岳、赤ナグレ岳、最高峰の柴安嵓(標高2356m)と5峰からなっています。 春の残雪と新緑のコントラスト。夏は霧の中にそびえる雄姿が美しい。
  至仏山 2,228m
至仏山
尾瀬ヶ原の南西に位置する比較的登り易い山。
森林限界が1,700mで、それ以上の高所にはオゼソウ・ホソバヒナウスユキソウなど、高山植物の花畑が広がる。見頃は7/上~8/中頃。
  谷川岳 1,977m
s-谷川岳 2
群馬・新潟の県境に位置。群馬県側の山相は荒々しくロッククライミングのメッカで、一ノ倉沢は特に人気。
一般的な観光では、ロープウェイ(10分)で天神平に上り山容を望むのが主流。又、ロープウェイ山麓駅から一ノ倉沢まで、約3kmの旧道(旧291号線)は車両も入ることができ(バス不可)、紅葉時の散策に適している。
  男体山 2,486m
s-男体山
男体山は、標高2484.4mで日光を代表する山といえるでしょう。男体山へ登るルートには、二荒山神社の中禅寺湖側と反対の志津小屋からの2つがあります。共にひたすら急登が続く登山道ですが、志津小屋ルートなら結構楽です。
  武尊山 2,158m
s-武尊山
群馬県北部に位置し、標高2,158.3mの独立峰です。
頂上からの360度の眺望は素晴らしく、谷川岳、奥利根の山々、尾瀬周辺の至仏山、燧ケ岳、日光の山々、日光白根山から皇海山に連なる山、赤城山をはじめ上州の山、浅間山等が見られます。条件により富士山も見ることが出来ます。
  皇海山 2,144m
s-皇海山
栃木県と群馬県の境に位置し、日光火山群に属する。足尾山塊と呼ばれる一帯の山々の主峰。日光の近くにありながら、訪れる登山者は少なく、原生林と密笹に覆われた山は関東最後の秘境ともいわれる。
庚申山から鋸山までは鋸十一峰といわれ、それぞれに信仰登山時代の山名が付けられている。山頂からの展望はわずかに南側が開けているのみ。
  赤城山 1,828m
s-黒檜山
上毛三山の一つとして知られる二重式火山で、主峰黒檜山をはじめとする外輪山と中央火口丘地蔵岳をあわせた総称。地蔵岳・大沼(おの)・小沼(この)を中心に、覚満淵と呼ばれる湿原地帯もあり、登山・ハイキング・釣り・スキー・スケートと四季を通して楽しめる。